サイトメニュー

注射をする前に

注射器

目的や仕組み

ボトックス注射は、近年注目されている美容の一つになります。これを利用することで、様々なメリットがあるわけですが、活用方法としては顔を小さくしたいときに活用します。特に、女性の場合には小さな顔の女性が男性からモテる傾向があるだけでなく、あらゆるファッションなどを見るとやはり顔が小さい方が似合う服が多いです。例えば、ファッションモデルなどを見ると分かりますが、ほとんどのファッションモデルは小さな顔です。そのような人が積極的にモデルになる傾向があります。何故かと言えば、顔が小さい方があらゆる洋服などを発売するときに見栄えが良くなるからです。ただ、一般人が顔を小さくしようと考えてもなかなか思ったようにはできません。体重を落とせば小さくなることもありますが、えらなどが張っている場合には難しいのが現状です。そこで、ボトックス注射をクリニックなどで打つことにより顔を小さくすることができるというメリットがあります。また、顔以外では、ワキガ等を防止したい場合にボトックス注射は有効とされています。そもそもなぜ、ボトックス注射を利用することで顔を小さくすることができるのかと言えば、その理由の1つは顎の咬筋を縮小させる働きがあるからです。実は、顔のえらは顔の骨が出っ張っていることよりも筋肉が発達していることの方が理由としては大きいわけです。実際に施術を担当している専門の医師でも、えらのほとんどは咬筋発達によるものと考えています。そこで、ボトックス注射を利用することで筋肉を縮小させ顔を小さくすることが可能になるわけです。このような仕組みにより、小顔を実現することが可能になります。ただ、筋肉を縮小させる場合には一時的に縮小させるだけですので永遠に効果が持続するわけではありません。どのくらいで効果が切れてしまうかと言えば、その人の体質などにもよって異なりますがおよそ半年ほどになります。そのため、定期的にボトックス注射をする必要があるでしょう。一方で、ワキガの場合ボトックス注射を注入することでその中に含まれているボツリヌス菌が神経に伝達しワキガを発生させる原因の物質を分泌させないようにしています。当然ながら、いちど収入すれば一生効果が持続するわけではなく定期的に注射をすることが大事です。

Copyright© 2019 ボトックス注射の前に知るべきコト【医師の実績や経験次第】 All Rights Reserved.